無料ブログはココログ

私のおススメ

カウンター

サクラ

Kirogi工房

Kirogi工房最新の商品

  • 53a
    韓国のモシ。 ハングルをプリントした素敵な布です。

ロケ地

2009年12月23日 (水)

秋田内陸線の旅(IRISパネル展)

今日は秋田内陸線の阿仁合駅で開かれているIRISのパネル展に行ってきました。

Dsc07223 角館駅にはこんなパネルも登場していました。

Dsc07232 Dsc07226

すっかり雪景色の線路沿い。

電車の中はIRISのパネル展の中刷り広告。

Dsc07246 阿仁合駅の中には大きなポスターが2枚もありました。

改札横にあるこぐま亭ではスタッフたちが昼食を食べました。

時々ジュノ氏が顔を出して、何を食べているのかと尋ねていました。

うどんやラーメンを皆さん食べていたようです。Dsc07242

Dsc07253

このパネル展のために特別に作ってもらった大きなパネルだそうです。

Dsc07259

撮影でビョンホンさんが乗った車です。

Dsc07256

ビョンホンさんのサインも。

帰国する日の日付?前日にも見えますが!

Dsc07262 Dsc07265 Dsc07268

Dsc07276 Dsc07280 Dsc07287 Dsc07295 

今まで見られなかった表情の写真がたくさんあって良かったです。

写真OK!というのも有りがたかったです。

Dsc07298

撮影で使われた車両です。

中にはジュノさん、テヒさん、ソヨンさん、ギュテ監督のサインがあります。

Dsc07303 Dsc07305 

ジュノさんのサイン。

上のIRIS KAKUNODATEもジュノさん筆とのこと。

Dsc07307

これはソヨンちゃん・・・・と思います。

Dsc07308

テヒちゃん。

Dsc07309

ギュテ監督!!heart01

Dsc07319

団体さんが来た場合は、優先的にこの車両を使っているそうです。

韓国からもたくさん来ていると運転手さんが言っていました。

Dsc07313

車両の中には他にも、ドラマのワンシーンとか撮影中の写真などが貼られています。

Dsc07312

その中に、ジュノさんに熱い視線を送る私たちの後ろ姿が・・・・・ビックりでうれしいです。

売店の前の写真にも私の片腕とカメラがちらり!

Dsc07334

なんと今日までの限定でIRISロケ弁なるものがありました。

ビョンホンさんが好きだったという海水晶入りのサラダ付き。

海水晶って初めて聞いたのですが、見かけは春雨、食感はやや海ぶどうのようなプチプチ、コリコリとした感じでした。

大きなおにぎりが2個(どちらも梅干し)にニシンの煮物、ハタハタの焼き物、キムチ、豆の煮物、焼きりんごが付いて800円でした。

ボリュームは満点で、籠のようなお弁当入れもしゃれています。

Dsc07321

地方のローカル線は大変ですが、クリスマスの飾りつけをしたり、お座敷列車を運行したりと、一生懸命頑張っています。

今まで中々利用することが無かった内陸線ですが、たまに乗るとのんびりとして、旅行気分が味わえるものでした。

雪景色も喜んでもらえると思います。

一度お試しください。

2009年8月28日 (金)

秋田ポートタワーセリオン編

IRISのロケ地である「ポートタワーセリオン」に行ってきました。

200908201732001 展望台から眺める夕日はとても綺麗なんですが、生憎この日は曇り空!

キム・スンウさんとソヨンさんが撮影したのは建物の中だと聞きましたが、どのあたりだったのでしょう?

200908201742000

上からの景色はこんな感じです。

ビョンホンさんが船のシーンを撮ったのはこのあたりでしょうか?

このタワーは夜になるとネオンで光って綺麗です。

2009年8月12日 (水)

ロケ地ツアー(美しき日々編)

Eiko_280

Eiko_2793年ほど前、「美しき日々」ロケ地ツアーに参加しました。南山の八角亭は有名な場所です。

おばさんたちが、ウォーキングしていて「元気だなぁー」と思ったものです。

Nソウルタワーには上ってみませんでしたが、いつもこのタワーを目印にしてソウルを歩いています。

南山にある図書館は午前5時から開館すると聞きました。

早く行かないと席がなくなるそうです。(ガイドさん談)

Eiko_289

この階段は、「私の名前はキム・サムスン」でキスシーンを撮影したんだそうです。この時はドラマを見てなくて分りませんでしたが、取りあえず撮ってました。200901151516000

明洞聖堂はずっと修復中で大きなネットをかぶせていましたが、今年1月に行った時に初めて本当の姿を見ることができました。

Eiko_263

こちらの豪邸はよくドラマで使われています。ちなみにこの時もロケバスらしいものが近所に止まっていました。

隣の家もよくロケに使われるそうですが、私にはわからなかったです。

Eiko_296

こちらはチェ・ジウの住んでいた家。

入場料1万W。

取り壊されるという話も聞いたので、今はあるでしょうか?

次に来たときに分かるようにと外観をとってみましたが!

Eiko_297

漢江の側にあるので、この橋が目印になると思って取ってありました。Eiko_304

Eiko_273

今は無きビクトリーレコード!

新村のヒョンデ百貨店の裏にあったのですが、私が住んでいたころは工事現場になっていました。

カフェPASCUCCIは色々なドラマでよく使われる所です。

Eiko_325

江南でおのぼりさん全開のクムジャです。

328

「天国の階段」だったかなぁ~?

330

最後にソウルから車で1時間ほど郊外に行ったところに、ビョンホンさんのお家がありました。

この時は、お母さんと妹さんが住んでいると聞きました。

Eiko_312

ビョンホンさんの家の隣の食堂で、昼食を食べました。

スンドゥブの店だと聞いて行ったのですが、ポリパプの店に変わっていました。

この日がたまたま開店日というので、縁起ものの小豆のお餅をもらいました。

ビョンホンさんの家にも配られたとか!

この当時は「ウェルビーン」というフレーズが韓国の流行だったので、この店も野菜中心のヘルシーな料理で、美味しかったです。

Eiko_319

2009年5月 7日 (木)

イスキア編

この連休中イスキアさんに行って、ランチを食べてきました。

もちろん、ビョンホンさんの特別メニューですsign03

ランチメニューには韓国風料理も何点かあって、どれも食べてみたかったのですが、まずはこれを食べるのが目的だったので、他のメニューはお預けです。

ここから毎日仕事に向われたんですね。

Isukia2

これが特別メニューです。

いろんな野菜が入ったサラダとバルサミコの酸味の効いたドレッシングは、オリーブオイルの油を感じさせないさっぱりとした味わいでした。

このサーモンはとても美味しくて、炭水化物の無い食事の中で存在感のあるメニューでした。

Isukia3

一番びっくりしたのは黄身の無い目玉焼き・・・・・目玉が無いからただの焼きweep

ハードなスケジュールでこのIsukia5 食事とは、体を酷使し過ぎでは?

フレッシュなグレープフルーツジュースと丸ごと1本のバナナを完食すると、案外お腹はいっぱいになりました。

日ごろ、炭水化物を食べないとご飯を食べた気がしない私でも満足でした。

Isukia4

私が行った日も、沢山の女性たちがこのメニューを召し上がっていました。

食事が済んだら、じっくりとサインや写真を楽しみます。

Isukia6 Isukia7

Isukia8 一人一人のサインや写真、打ち上げの様子を写した写真、それぞれを見ていると、その場に居たかったなと、微かな嫉妬心を覚えましたwobbly

私の愛しいキム・ギュテ監督がなにやら歌っているような写真もあり、羨ましい限りです。

何度も何度も壁を右往左往して、食事の時間よりも長い時間張り付いていました。

イスキア様、ご迷惑さまでしたsign02

雲巌寺編

角館にある雲巌寺は1450年に建てられたお寺だそうです。

木造の山門は県の有形文化財になっていて、仁王像は民謡ドンパン節の原型を作ったエマゾウ爺さんの作品だそうです。

秋田に居て余り詳しく知りませんでしたが、行ってみたらとても素敵な所でした。

夕方から夜に掛けてお葬式の撮影が行われ、部外者はお寺内部に入れないという状況だったので、実際のドラマを見るまで内容は分かりませんが、撮影を終えたビョンホンさんが車のルームランプを付けて、私たちに微笑みながら手を振る姿を見えるようにしてくれた事は、今でも印象的です。

あの興奮が甦りましたlovely

Ungan1 Ungan2 Ungan3 Ungan4

2009年5月 5日 (火)

佐藤養助 漆蔵資料館

横手焼きそばでお腹を満たした後、車で30分程しか離れていない場所にある、『佐藤養助 漆蔵資料館』に行ってきました。

Yousuke1

稲庭うどんの老舗、佐藤養助商店の蔵の内部は天井の梁まで漆を塗った鮮やかな蔵です。

Yousuke2 Yousuke3

中には、今までの歴史を物語る資料が沢山展示されてありました。

今は、『釣りキチ三平』の映画撮影の時の写真展も行われていました。

Yousuke4

1階のお土産コーナーに撮影時のビョンホンさんの写真が飾ってありました。

Yousuke5

TBSの『IRIS』メイキング特番の中で、うどんを食べるシーンで、テヒさんに演技指導していらっしゃいましたね。

ここに座って撮影されたそうです。

時間が遅くて閉まっていましたが、こちらでお食事もできるんです。

私はビョンホンさんについて、詳しく知らないのですが、演技指導をする様子を見ていると、実際映画を撮る監督のようだなと感じました。

まだ、ご自分で作品を撮ったことは無いのですよね?

2009年4月26日 (日)

美の国あきたネット

おはようございます。

桜の満開時期を迎えたのに、雨と風が強い秋田です。

ゴールデンウィークを控えたこの時期、何かと気ぜわしい毎日です。

農家の方は稲の苗を準備するなど忙しくなっているようです。

私は農家ではありませんが、春の山菜を取ったりします。

先日は、たらの芽、こごみ、ぜんまい、わらびなど取ることができました。

食卓で春の恵を堪能していますhappy01

韓国も山菜を良く食べます。

スーパーや市場でよく見かけるので、秋田に居るのと変わりないと思ったこともあります。

さて、先日チッチさんからも教えていただきましたが、県のHPでもアイリスの紹介と、製作現場の写真などをアップしてくれていますね。

遅ればせながら、リンクしておきます。

2009年4月21日 (火)

川反編

こちらは秋田の歌舞伎町・・・・・こちらも夜になると賑やかになるようです。

私が学生の頃には本当に賑やかだったんですが・・・・・catface

こちらではビョンホンさんとテヒさんのシーンが撮影されました。

これも直接見ることは出来ませんでしたが、行った方は握手をしてもらったそうです。

私も行けばよかったと後悔しています。

一度もビョンホンさんと握手出来なかったのは本当に残念ですheart03

こちらには、私の好きな韓国料理のお店『ソウル家』があります。

お父さんの作る料理は抜群で、お母さんと娘さんが中心で店を切り盛りしています。

チマ・チョゴリを着たお嬢さんはとても明るくて可愛い人です。

私は良く見たことが無いのですが、息子さんも軍隊から帰ってきていて、とてもカッコいいそうです。

韓国語を使える数少ない場所なので、なるべく韓国語で話そうと努力しますが、だんだん日本語が増えていくのが今のところの課題です。

Kawabata1

秋田駅前編

少し前に秋田駅周辺を探索してみました。

直接見ることは出来なかったのですが、撮影現場を見た方から聞いていた話を思い出して探した場所です。

実際は夜の撮影だったので、ネオンの明かりが雰囲気を変えると思うのですが、日中見ると・・・・・秋田の淋しい感じが出ていますweep

ビョンホンさんは、ひなびた 感じのところでロケをしたかったとおっしゃったそうです。(それで秋田が選ばれたという一説も・・・)

この日は日曜日で市場は開かれていなかったのですが、近くの秋田市民市場でもソヨンさんの撮影が行われたとか!

韓国料理のお店では、撮影後皆さんで食事をされたそうです。

そのお店は今のところ夜の営業しかしていないようなので、いつか行って話を聞いてみたいと思います。

Dsc03105_2

Kaikan1

2009年4月18日 (土)

秋田内陸縦貫鉄道

ジュノさんやテヒさん、ソヨンさんがいらして撮影した秋田内陸縦貫鉄道の角館駅です。

こちらも枝垂桜の立派な木があります。

こちらもまだほとんどつぼみですが、この桜が咲く頃に来てくれていたらなぁ!と思います。

ちなみに撮影に使われた列車にサインがされたそうです。

その車両は通常の運行に使われているのですが、いつ、何時に運行するのか、という事は決まっておらず、乗ってみてのお楽しみになるそうです。

それなら何度か乗ってみないといけませんねsign02

Train1

非常に見ずらい画像ですが、奥の赤い色の列車にサインがあるそうです。(駅員より)

Nairiku1

内陸線はとても小さい駅です。

あのドアの中にスタッフと機材がひしめき合って、撮影していました。

ジュノさんは構内での撮影もしました。

私たちが建物の隙間から見えるジュノさんを見つめていると、手を振ってくださいましたhappy02

Sakura3_2

今朝の角館駅前の枝垂桜のようすです。

見ごろは来週中でしょうか

より以前の記事一覧