無料ブログはココログ

私のおススメ

カウンター

サクラ

Kirogi工房

Kirogi工房最新の商品

  • 53a
    韓国のモシ。 ハングルをプリントした素敵な布です。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

小川麻里さんのコンサート

昨日は田沢湖のORAEさんで、おいしいランチと素敵なピアノコンサートで贅沢な時間を過ごしました。

Dsc08091 Dsc08090

食いしん坊の性で、写真を忘れてパクパク食べてしまいました。

ミネストローネは野菜たっぷりで、かわいいラビオリがまた美味しいです。

半分以上食べてしまったミルクで煮込んだホクホクのジャガイモのグラタンは、クリーミーでジャガイモの存在感も残った優しい味わいです。

Dsc08089

メインディッシュは田沢湖産の紅鱒で、マスタードソースとレアな鱒が良く合って、とてもおいしかったです。

Dsc08092

こちらのピアノで演奏してくださいました。

象牙鍵盤(?)の古いけど立派なピアノだそうで、生で聴くとクリアな音が広い店内に響いて、とても素敵でした。

小川さんのお話もとても楽しくて、ビョンホンさんとのエピソードや、一つの曲を演奏できるまでにする作業の過程など、興味深いものがたくさんありました。

また、長い人生の中では皆さん色々な経験や思い出があると思いますが、その一つに触れ、自分の経験と重ね合わせて思わず涙する場面もあって、感動的でした。

私はIRISのソヨンちゃんのテーマを聞いて、ドラマの中のソヨンちゃんの気持ちにシンクロして泣きそうになりました。

Dsc08094

終了後は、少しお話も出来たし、一緒に写真も撮ってくださってまた魅力的な時間を頂きました。

時間が許せば、もっとお話をしたかったのですが、夜の部もあったので、後ろ髪をひかれる思いで帰りました。

夜は、食事も演奏内容も少し違ったようです。

昼は無かったスクリーンには何が写されたんでしょう?

2010年2月21日 (日)

韓国おいしいものめぐり

Dsc06533

クァンジャン市場のマンドゥクッ

さっぱりしたスープにキムチ入りのマンドゥが5~6個入ってボリュームも満点です。

ランチにはポリパッとどっちにするか悩んでしまいます。

Dsc06541

夜は5枚肉(オーギョップサル)でスタミナを付けるのが一番です。

ビールもおいしくなります。

Dsc06528

要注意!!な食べ物。

チュンムキンパップは明洞でもおなじみの店ですが、食べたのは初めて。

仕事帰りにテイクアウトして、ホテルで一杯やりながら・・・・の図です。

奥に見えるのはカクテキとイカポックン。

このイカの炒め物(?)がとにかく辛かったです。

今まで韓国で食べた中で一番でした。辛いもの大丈夫な私でものたうちまわりました。

Dsc07784

プルコギチョンゴルもおいしかったです。

2人前ですが、たっぷりの量で満腹です。(もちろん二人で食べました)

2010年2月19日 (金)

ノバンのサンポ

  最近のマイブーム(死語ですか?)はノバンのサンポを作ることです。

せっかくだからいろんな色を使って、思いのままに作っています。

生地の透明感とパステルの色がなんだか春らしくて楽しいです。

つまみにトウガラシのストラップを付けてみました。

韓国へ行ったとき、手作りのメドゥプを作っているお店でタッセルを付けるのを見ました。

なんかグンと韓国らしくて可愛いです。Dsc07962

Dsc07962a

2010年2月18日 (木)

東大門周辺の様子

最近は東大門付近を中心に行動することが多いので、だいぶ地理にも詳しくなってきました。

Dsc06530

東大門運動場という名前で覚えていたのに、去年から東大門歴史文化公園と名前が変わっていて、しばらくは別の駅が出来たのかと思っていました。

Dsc06512

Dsc06516

’09クリスマスシーズンはこんなオブジェで彩られたショッピングビル前。

いつも華やかで、人もたくさんです。

Dsc06521

これが東大門です。正式には興仁之門と言うようです。

Dsc06518

こちらは小さい光熙門。東大門とは逆の方向にあり、私の宿泊するホテルが近くに有ります。

東大門は意外においしいストリートも多く、真夜中には衣類や雑貨をつめた大きなビニール袋がビルの前に置かれ、大型バスで乗り付けた人たちが持っていくなど、活気に満ちた面白いところです。

まだ知らない事も多くて、冒険心をくすぐる街です。

2010年2月17日 (水)

田沢湖スキー場

数年ぶりに田沢湖スキー場にスキーをしにいってきました。

スキー場は近代化していて、ちょっとびっくりしてしまいました。

お目当ての一つは、銀嶺ロッヂにあるIRIS関連のものを見ることです。Dsc07685

Dsc07685a

噂通り韓国人スキーヤーも多かったので、韓国語で説明文も出来ています。

Dsc07687

Dsc07688ビョンホンさんの使ったウエアーとスノーボードのコーナー。

ともながさんて誰ですか?

Dsc07689 Dsc07690 Dsc07691

直筆のサインも見られます。

二人が座った場所には、その時の様子がわかるようにコーヒーカップが置かれています。

来日して最初の撮影でしたから、感慨もひとしおです。

撮影当日どうしてスキー場にスキーをしに来ようと思わなかったのか・・・・いまだに残念です。

2010年2月16日 (火)

韓国料理で新年会

ブログをさぼっているうちに、いろんな事がありました。

1月末に、お友達と韓国料理で新年会を開きました。

いつものチャプチェやトッポッキ、キンパプに加え、なんちゃってサムゲタンを作りました。

数種類の漢方がセットになったものを買ってきて、まずスープを作ります。

それに、丸ごとの鳥が無かったので、モモや手羽などを煮込んでみました。

酢醤油やごま油に塩を加えたたれで食べてみると、中々おいしいです。

Dsc07769

Dsc07698a Dsc07777

デザートには韓国のお餅を食べました。

よもぎ餅に小豆をまぶしたものは、ヨモギの香りも程良く、小豆の甘さが絶妙です。

白いヨンヤントックはその名の通り、豆や栗などふんだんに入っていて、栄養満点でおいしいです。

うちのお客さんで、お餅を作っていらっしゃる方がいて、冷凍のものを買ったのですが、自然解凍で作りたてのような柔らかさになります。

ちなみに、アイスまんじゅうという小豆アイスも大好きなんです。

コリアン餅(韓国餅)とアイスまんじゅうのお店エイシン

http://k-eishin.com/?mode=cate&cbid=610116&csid=0

2010年2月15日 (月)

火振りかまくら

2月14日はバレンタインデーでした。

韓国では旧暦の1月1日にあたるので、ソルラルとなってお正月行事が行われています。

それとは別に、小正月行事として毎年2月14日に角館では「火振りかまくら」が行われます。

Dsc07921

会場の片隅には小さなかまくらがあって、神様を祭ってありました。

Dsc07922

会場の真ん中にある焚火にお正月に使ったしめ飾りや、お札などを焼いています。

Dsc07928

俵に付けた火を体の周りで振り回し、その火で身を清め、無病息災と家内安全を祈ります。

中々幻想的な風景です。

2010年2月10日 (水)

うれしい交流

先日地元の喫茶店で知り合った韓国人観光客の方と、時々メールをしています。

その方から最近素敵なプレゼントを頂きました。

Dsc07814

こんなに可愛い韓紙の箱に入っていました。

Dsc07818

中にはこんなにたくさんの思いやりが詰まっていました。

Dsc07825 Dsc07827

手作りのクロスステッチは表と裏が色違いのバラの花をあしらったストラップです。

とても緻密に精巧に出来ていて、驚きました。

Dsc07821

CDもついた韓国の童話集で、韓国語の勉強をしている私達へ教本がわりに。

こんな本を探していました。

Dsc07823

韓国の伝統のお菓子は甘さ控えめでヘルシーです。

韓国の方っていうのは、このように心を尽くしてくれる方が多いです。

これからも楽しく交流を深めていきたいものです。

2010年2月 1日 (月)

韓国語通訳ボランティアガイド研修会

昨日、秋田市で「韓国語通訳ボランティアガイド研修会」が行われました。

岩手で実際に活動をしている齊藤春佳さんと言う方が講演をしてくださいました。

とてもわかりやすい解説で、通訳案内士の活動内容を教えてくれました。

Dsc07779

実は、韓国語を勉強し始めた時、興味を持ってテキストを買ってみました。

韓国語の力不足もさることながら、日本の文化や歴史、地理のテスト問題があまりに難しく、結局1ページも出来なかった悲しい過去を思い出し、またテキストを引っ張り出してみました。

昨日の話を聞いていると、旅行の添乗員的な仕事も含まれると知り、なかなか難しい仕事だと思いました。

でも、角館という観光地に住み、実際にフリーで観光にいらっしゃる韓国人観光客を見ると、何かお手伝いをしたいという気持ちになります。

また、昨日は知り合いの方にも再会でき、留学生との交流でメール交換もできたので、本当に有意義な時間でした。

今年はひとつ、角館の歴史でも勉強してみようかな?と思っているところです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »