無料ブログはココログ

私のおススメ

カウンター

サクラ

Kirogi工房

Kirogi工房最新の商品

  • 53a
    韓国のモシ。 ハングルをプリントした素敵な布です。

« IRIS 最終回 | トップページ | クリスマス »

2009年12月23日 (水)

秋田内陸線の旅(IRISパネル展)

今日は秋田内陸線の阿仁合駅で開かれているIRISのパネル展に行ってきました。

Dsc07223 角館駅にはこんなパネルも登場していました。

Dsc07232 Dsc07226

すっかり雪景色の線路沿い。

電車の中はIRISのパネル展の中刷り広告。

Dsc07246 阿仁合駅の中には大きなポスターが2枚もありました。

改札横にあるこぐま亭ではスタッフたちが昼食を食べました。

時々ジュノ氏が顔を出して、何を食べているのかと尋ねていました。

うどんやラーメンを皆さん食べていたようです。Dsc07242

Dsc07253

このパネル展のために特別に作ってもらった大きなパネルだそうです。

Dsc07259

撮影でビョンホンさんが乗った車です。

Dsc07256

ビョンホンさんのサインも。

帰国する日の日付?前日にも見えますが!

Dsc07262 Dsc07265 Dsc07268

Dsc07276 Dsc07280 Dsc07287 Dsc07295 

今まで見られなかった表情の写真がたくさんあって良かったです。

写真OK!というのも有りがたかったです。

Dsc07298

撮影で使われた車両です。

中にはジュノさん、テヒさん、ソヨンさん、ギュテ監督のサインがあります。

Dsc07303 Dsc07305 

ジュノさんのサイン。

上のIRIS KAKUNODATEもジュノさん筆とのこと。

Dsc07307

これはソヨンちゃん・・・・と思います。

Dsc07308

テヒちゃん。

Dsc07309

ギュテ監督!!heart01

Dsc07319

団体さんが来た場合は、優先的にこの車両を使っているそうです。

韓国からもたくさん来ていると運転手さんが言っていました。

Dsc07313

車両の中には他にも、ドラマのワンシーンとか撮影中の写真などが貼られています。

Dsc07312

その中に、ジュノさんに熱い視線を送る私たちの後ろ姿が・・・・・ビックりでうれしいです。

売店の前の写真にも私の片腕とカメラがちらり!

Dsc07334

なんと今日までの限定でIRISロケ弁なるものがありました。

ビョンホンさんが好きだったという海水晶入りのサラダ付き。

海水晶って初めて聞いたのですが、見かけは春雨、食感はやや海ぶどうのようなプチプチ、コリコリとした感じでした。

大きなおにぎりが2個(どちらも梅干し)にニシンの煮物、ハタハタの焼き物、キムチ、豆の煮物、焼きりんごが付いて800円でした。

ボリュームは満点で、籠のようなお弁当入れもしゃれています。

Dsc07321

地方のローカル線は大変ですが、クリスマスの飾りつけをしたり、お座敷列車を運行したりと、一生懸命頑張っています。

今まで中々利用することが無かった内陸線ですが、たまに乗るとのんびりとして、旅行気分が味わえるものでした。

雪景色も喜んでもらえると思います。

一度お試しください。

« IRIS 最終回 | トップページ | クリスマス »

IRIS」カテゴリの記事

ロケ地」カテゴリの記事

秋田について」カテゴリの記事

コメント

masshiiさん、秋田はすっかり冬模様です。
今日は久々に日差しがさしましたが、明日から当分雪マークの天気予報でした。
パネル展は想像以上に良かったです。
ドラマのワンシーンあり、撮影中の様子あり。
これを1冊の写真集にして欲しいなと思います。
パネルは撮影地各地に少しずつ展示されると聞きました。
イスキアさんでもパネル展をするようですよ。

ポジャギさん こんばんわ。
はや!なんとも羨ましい!パネル展!
お弁当も美味しそうでしたね^^

秋田はすっかり雪化粧なんでしょうか?!
昨夜のアイリススペシャル秋田のシーン懐かしくご覧になったのでは?
NGシーンは思わず大笑いしましたよ^^

OST追加の曲入れてまたまたCD発売ですね。
デッセンバーの「帰って来ることは出来ないんですか」は大好きな1曲になりましたわ。

パネル展のお写真沢山見せて下さって有難うございました。

        masshii

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531429/47095333

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田内陸線の旅(IRISパネル展):

« IRIS 最終回 | トップページ | クリスマス »