無料ブログはココログ

私のおススメ

カウンター

サクラ

Kirogi工房

Kirogi工房最新の商品

  • 53a
    韓国のモシ。 ハングルをプリントした素敵な布です。

« カノンのハンドメイドライフ | トップページ | 手作りデパート »

2009年4月14日 (火)

ロケ地ツアー(ごめん愛してる編)

一人ロケ地ツアーをして、自己満足をしていたクムジャです。

今回は、韓流雑誌を元に一人ロケ地ツアーを敢行した思い出話です。

1 2005年、初めて韓国旅行をしたときに泊まった江南のホテルからみた景色です。

まるで、ドラマに出てきそうな家だと思って撮ったのですが、日本に帰って『ごめん愛してる』を見て、仰天しました。

ユンとオードリーの家だったんですwobbly

5 2006年ロケ地めぐりを計画し、ある日曜日の午前、実行しました。

なぜなら、日曜日の午前中はあまり人が多くないので、写真をとっても不審がられる心配が無いと思ったからです。

正面玄関はムヒョクが立ち尽くして居た場所です。おしっこもしたんですねconfident

ここへの坂道は山でも登るような急斜面でした。

3

カルチ(ガルチ)とお母さんが、キンパッを売っていた場所です。

4 病院の待合室というような設定で、ムヒョクが牛乳を掛けられる場面です。

実際はコーヒーショップで、私が撮ったアングルも違っていたし、イスやテーブルも違っていたような気がします。

その時は、ジソブの座った椅子かと思い、興奮していました。

6 特徴的な陸橋なんですが、場所が分からず1ブロックを1周して見つけました。

病院の側という設定・・・だったと思います。

7_2

ムヒョクとウンチェが焼酎を飲みながら眠ったところです。

目の前は漢江です。

8

ここは済州島です。

ウンチェから逃げるようにやってきたムヒョクが泊まっていたホテルです。

シーエスホテルという所で、『宮』の撮影にも使われたんです。

ホテルの宣伝をする約束を今、果たします。

『オールインロケ地ツアー』をしているときに、ついでに寄ってもらいました。

その時のガイドさんは本当に楽しいガイドさんでした。

この時の経験のおかげで、ソウルを一人で歩くのが怖くなくなりました。

ヨイドやオモッキョなど、放送局の建物がある場所に行ってみると、ロケバスがあったり、思わず面白いものを見ることが出来そうな気がしました。

昔からロケ地めぐりが好きなことを思い出している、今日この頃ですhappy01

                                      

« カノンのハンドメイドライフ | トップページ | 手作りデパート »

ロケ地」カテゴリの記事

韓国について」カテゴリの記事

コメント

masshiiさん、臨場感あるコメントありがとうございます。
-30度は想像できませんが、北海道で見たダイアモンドダストと立派な建造物を想像して、ぜひ『白夜』を見ようと思いました。
私は韓国に居たこともあって、最近ドラマから離れていました。
まだ、見ていないドラマがとても多いので、これからどんどん見ようと思います。
残念なのは、ポジャギをしながら画像が見られないことです。bearing

クムジャさん おはようございます。
「白夜」は大スペクタクルドラマでした。
いろんな国にロケしております。
ビョンホンさんの親友イ・ジョンジェ氏も出演されております。
音楽がとても良かったのです!ロンドン、ニュウヨーク等のスタジオで録音されてますがロンドンロイヤルフィルハーモニーオーケストラが凄くいい音に出来上がっております。
ロシアは古い建物の多いそれはそれは綺麗な所ですよ。
クレムリンは特に綺麗で赤の広場は素晴らしいです。
そうそう、赤の広場の夕方に氷点下ー30度を体験!
ダイヤンモンドダストがキラキラと落ちていく光景は脳裏に焼きついてビョンホンさんがさ迷い歩くシーンと重なります。
「白夜」の撮影中にビョンホンさんのお父さまが急死なさつてスパイアクション物がお好きだったお父さまにお見せ出来なかったことが事の他残念で忘れられない作品だとおっしゃっておりました。
「アイリス」がとても楽しみです!

有難うございました。

masshiiさんは凄いですねぇshine
ロシアはどんな所なんですか?
私は勝手に怖い所というイメージがあって、とても一人では行けない感じがしています。
私は『白夜』をまだ見たことが無いのですが、見た人が少し難しい内容だったと言ってました。
『IRIS』でまたロシア観光をなさるんでしょうか?
私はカッパドキアには行ってみたいです。
前に友達が行きたいと言っていたのを思い出します。
来月にはビョンホンさんたちはトルコに行くんでしょうね!
ハードなシーンを撮影すると言いますが、怪我などなさらないように、思い通りのいい撮影が出来ると良いですね。
ギュテ監督から撮影の話を聞いてみたいですlovely

クムジャさん こんにちわ。
何時も楽しく拝読させていただいております。
わたくしの忘れられないロケ地は冬のロシア!
ビョンホンさんのドラマ「白夜」にはまり雪と氷のロシアにミン・ギョンビンを訪ねて一人旅してロケ地をさ迷い歩いたことは生涯忘れられない思い出でございます。
ロケ地をひとりで訪ね歩くのはとても好きです。
冬の雪と氷の秋田に行くのが優先課題?ですわ^^
又いろいろお聞かせ下さいませ。
有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531429/44668375

この記事へのトラックバック一覧です: ロケ地ツアー(ごめん愛してる編):

« カノンのハンドメイドライフ | トップページ | 手作りデパート »